視力回復 ランキング

自分でできる視力回復トレーニング

視力回復トレーニング 乱視


乱視とは、角膜や水晶体の歪みから、目に映るものの像が網膜に届くまでに乱れてしまうという眼の屈折異常のことです。   乱視があると、はっきりと見えないことでストレスを感じ、頭痛や肩こりの原因となってしまいます。   そこで、ご自宅でできる視力回復トレーニングをご紹介します。   乱視には2種類あり、トレーニング方法は症状によって異なります。   角膜乱視とは、角膜が横に押しつぶされたような形になっている症状のことで、この場合、目を大きく見開き、上の方を約20秒間見つめます。   次に下の方を約20秒間見つめます。   これを1日3セット行うだけです。   水晶体乱視とは、目の横方向の屈折力が縦方向よりも強く働いてしまっている症状のことで、この場合、右側を約20秒見つめた後、左側を約20秒見つめます。   こちらも1日3セット行います。   トレーニングはいずれも簡単なものですが、大切なことは継続することです。   効果を体感できるまで根気よく続けてみましょう。

 

タグ :    

視力回復トレーニング 乱視